火球日記

日々の火球パトロールのようす。隕石情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2011年9月30日 04時53分15秒 低速長経路火球

明るくなりかけた空を飛んだようです。

一般からの多くの目撃情報と、東京の自動TVで撮影されています。

長野県朝日村の火球カメラでも、雲間に撮影されており、柿の木のこずえに消えました。

大物かもしれません。詳細がわかり次第情報を流します。

20110930-045315.jpg
2011.09.30 04h53m00sから32秒間


【追加情報】2011.10.22

この火球の経路を日本流星研究会の上田昌良さん、司馬康生さんは以下のように求めました。

火球経路

それによると、小名浜沖150kmの太平洋上空に出現し、日本列島を横断して佐渡沖40kmの日本海まで、全長435kmの超長経路火球であることがわかりました。

詳しくはこちらをご覧ください。動画もあります。

この火球は六分儀群に近い軌道を持つもので、隕石の落下はなかったと思われます。




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

すごい流れ星

見ました。まさに同じ時刻です。こんなの初めてです。きれいでした。ネットで調べました。火球というのですか?まだ興奮してます

popuri | URL | 2011-09-30(Fri)10:54 [編集]


火球屋様

初めまして。
観たんです。

すごい、流星よりも早くなく!
隕石でもなく、そんな速度で!

赤く光るように、長い尾を引いて
かなり大きかった。

初めて観ました。

火球というんですか。

どういう現象で起きるデスかね・・・?

ではでは・・・。

murayuki | URL | 2011-10-02(Sun)18:46 [編集]


初めまして。
私もちょうどその頃、隕石の落下を想像させるようなオレンジ色の光を見て興奮しました。
それが何だったのかわからず、ネットで色々調べていてこちらの記事を見つけました。
こちらは都内なのですが、やっぱり同じ低速長経路火球というものだったんでしょうか?

みそじ | URL | 2011-10-22(Sat)01:45 [編集]


コメントありがとうございます。
目撃された時間が同じであれば、同じ火球を目撃されたのだと思います。
火球は明るい流星のことですが、今回のものは小惑星を起源としたものと推定しており、探査機はやぶさの行ったイトカワと同じような天体のかけらが地球に落下してきたと考えています。
この火球は明るいものだったにもかかわらず、天候が良くなかったことから、火球観測ネットワークでは東京の自動TVと私のところの火球カメラにしか引っかかっていませんでした。その上、私の画像は雲だらけで、計測に手間取ってまだ結果が得られていません。もう少し時間をください、結果を公表できると思っています。

火球屋 | URL | 2011-10-22(Sat)05:48 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。