火球日記

日々の火球パトロールのようす。隕石情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2017年2月12日17時30分03秒の火球

関東から東北にかけての広い範囲で、日没後のまだ明るい北の空を火球が流れるのが目撃されました。
この時間帯には、SonotaCoネットなど流星観測システムは稼働前で、詳細な観測はありませんでした。
しかし、直後からネットにドライブレコーダーの動画がアップされ、計測を行って軌道を求めることができました。
何分目標物が少ないものが多く、画面のひずみにも悩まされたため、精度はあまり高いと言えません。
推定される発光点、消滅点、速度等は以下の通りです。

発光点 東経139.34 北緯39.34 高度80㎞
消滅点 東経138.91 北緯38.59 高度50㎞
突入角 18° 経路長 100㎞ 対地速度 50km/秒(発光時間を2秒として)

この火球は比較的高速で、発光点、消滅点ともに高く、隕石になった可能性は低いと考えられます。
動画の情報等ご協力いただいた皆様に感謝いたします。

【追加情報】20170224
前回の公表後、茨城見常陸大宮市からのドライブレコーダー動画が見つかったため修正を行いました。消滅点がやや北に移動し、速度が遅くなりました。

【追加情報】20170316
宮城県川崎町の山形道から撮影されたドライブレコーダーの画像を送っていただきました。雲の切れ間から出現し、ほとんど最後まで写っているようです。
ほかの画像が関東方面から300㎞以上離れて撮影されているのに対して、東側から約150㎞離れた箇所からの撮影で、経路や突入角度を修正することができました。
最終的に求まった経路と速度等は以下の通りです。今までの推定より低空まで発光しており、速度も遅くなりました。

発光点 東経139.33 北緯39.16 高度80㎞
消滅点 東経138.78 北緯38.69 高度35㎞
突入角 33° 経路長 84㎞ 対地速度 42km/秒(発光時間を2秒として)

火球軌道0316
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。