火球日記

日々の火球パトロールのようす。隕石情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2013年1月7日 20時27分13秒の火球

長野県阿南町から火球を目撃したと言うメールが届きましたので、火球カメラを停めて画像を確認したところ、南天の低空に-4等くらいの火球が写っていました。
浜松沖の太平洋上空くらいを飛んだと思います。

20130107-2027.jpg
2013.01.07 20h27m12sから32秒間

【追加情報】
この火球と思われた流星は、意外に暗いものでした。
SonotaCoネットの結果では、長野と神奈川から撮影されていましたが、明るさは-1.9等と言うことでした。
これは、対地速度が12km/秒と非常に低速だったためで、カメラに写りやすかったようです。
消滅高度は40kmでこの明るさとしては異例なほど低く、もう少し大きければ隕石になったかもしれません。
浜松市から北東方向に向かってたんだようです。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。