火球日記

日々の火球パトロールのようす。隕石情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2014年1月26日23時48分34秒の火球

神戸上空を高角度で飛んだ火球でした。
SonotaCoネットでは関東の4箇所から撮影されていました。
http://sonotaco.jp/forum/viewtopic.php?t=3183

spo Vo24.7km/s amag-4.8

20140126-2349.jpg
2014.01.26 23h48m34sから32秒間


スポンサーサイト

PageTop

2014年1月24日22時33分47秒の火球

福島県会津若松市上空付近を飛んだ低速の火球でした。
かなり明るかったことから多くの目撃がありました。
Yahooリアルタイム検索では、この火球の目撃者の多さが分かります。
ちなみに、夕方のピークはいつものように飛行機によるものです。
20140124隕石リアルタイム

SonotaCoネットでは5箇所から撮影に成功し、軌道が求まっています。
消滅高度は33kmくらいで、隕石の可能性は低いようです。
http://sonotaco.jp/forum/viewtopic.php?p=34440#34440

この火球は、ベランダに取り付けたドライブレコーダーに撮影されていました。
動画はSonotaCoネットのForumにあげてあります。
http://sonotaco.jp/forum/viewtopic.php?p=34407#34407

spo Vo21.5km/s amag-4.2

20140124-2233.jpg
2014.01.24 22h33m44sから32秒間


PageTop

2014年1月11日19時07分05秒の火球

房総半島南の太平洋上を飛んだ、光度変化の激しい火球でした。
SonotaCoネットに画像と動画、飛行経路が掲載されています。
http://sonotaco.jp/forum/viewtopic.php?t=3173
spo Vo23.8km/s amag-4.6

20140111-1907.jpg
2014.01.11 19h07m10sから32秒間


PageTop

2014年1月6日20時06分45秒の火球

奈良県から三重県にかけて飛んだ低速の爆発火球でした。
SonotaCoネットに画像と動画が掲載されています。
http://sonotaco.jp/forum/viewtopic.php?t=3170
spo Vo14.8km/s amag-4.7

20140106-2007.jpg
2014.01.06 20h06m30sから32秒間

B20140106_200643GMAP.jpg
流星の経路 SonotaCoネットの結果からUFOOrbitV2を使用して計算


PageTop

2014年1月6日2時05分03秒の火球

遠州灘を東から西へ飛んだ高速の火球でした。
末端で爆発的に増光しています。
SonotaCoネットで5箇所から撮影されて、爆発点の高度が求まっています。
http://sonotaco.jp/forum/viewtopic.php?t=3170
spo Vo72.7km/s amag-5.9

20140106-020503.jpg
2014.01.06 2h04m52sから32秒間



PageTop

2014年1月4日4時29分04秒しぶんぎ座流星群の火球

今年の年頭のしぶんぎ座流星群は、近年ではまれな大出現だったようです。
私も早朝の空に10分ほどで数個の流星を確認しました。
午前4時過ぎから雲が切れてきましたが、火球に関してはそれほど多くなかったようです。
-4等以上ということであれば、静岡市上空を飛んだ、これ1個だった感じです。
Qua Vo42.6km/s amag-3.7

20140104-042904.jpg
2014.01.04 4h28m58sから32秒間


PageTop

2014年1月3日4時34分02秒の火球

伊豆半島西から甲府盆地にかけて飛んだ、南方高速系の火球でした。
spo Vo69.5km/s amag-3.1

20140103-043402.jpg
014.01.03 4h33m42sから32秒間


PageTop

2014年1月2日19時19分37秒の火球

九州から関東にかけてのきわめて広い範囲で目撃されました。
SonotaCoネットでは6箇所から自動TVに撮影され、日本海から鳥取市上空を南西方向に飛び、中国山地上空で消えたようです。vo38.9km/sの北天から飛んできた珍しい軌道の火球でした。
朝日村から撮影され、同時観測が成立した中では、最も西側の火球になったと思います。

SonotaCoネットでの画像、動画、軌道計算結果と、静岡市から撮影された岡野さんの画像などは以下のページにまとめられています。
http://sonotaco.jp/forum/viewtopic.php?t=3165
岡山天体物理観測所OAOのスカイモニターにも撮影されていました。
http://www.oao.nao.ac.jp/2014/01/03/fireball140102/
岡山理科大学のTENGENモニターでは永続痕も撮影できています。
http://www.das.ous.ac.jp/iyono/blogn/index.php?e=234

20140102-1919.jpg
2014.01.02 19h19m18sから32秒間

PageTop

甲斐南部隕石捜索その2

第2回目の捜索に行ってきました。
今回は一人ということもあり、前回歩いていないところを中心に見てきました。
最初南側の川原をそれでもしらみつぶしに当たりましたが、紛らわしい石だらけで(当然ですが)、非常に分かりづらい。
上流側は富士川層群の砂岩、泥岩、礫岩など、下流へ行くと閃緑岩、安山岩が多くなります。
後半は合流点左岸の杉林の中を、林床が明るいところを選んで歩きました。
先日お話を聞いたお店の方に、その後何か情報はあったかお聞きしましたが、めぼしいお話はなく、これでほとんど終わりという感じです。

踏査0104
踏査範囲のGPSのトラック 12月28日赤線 1月4日緑線

RIMG0964.jpg
川原のようす 今回は金属探知機も使ってみました

RIMG0965.jpg
川原の砂礫 この中から隕石を探すのは大変です

RIMG0966.jpg
杉林の中 こちらも探すのは大変でした

PageTop

2013年12月30/31日の火球

カメラをEOSkissX4に変えた途端に、2個の火球が写りました。

★2013年12月30日22時37分42秒の火球

甲府盆地の上を北から南へ飛んだ火球でした。
冬の星座と火球という絵になっています。
spo Vo32.7 amag-3.5

20131230-223742.jpg
2013.12.30 22h37m44sから32秒間

★2013年12月31日4時59分55秒の低速火球

糸魚川から松本に向かって飛んだ、低速の火球でした。
SonotaCoネットでは3箇所から撮影されており、6秒以上の継続時間があったようです。
spo Vo14.3 amag-1.3

20131231-045959.jpg
2013.12.31 4h59m46sから32秒間

B20131231_045955GMAP.jpg
流星の経路 SonotaCoネットの結果からUFOOrbitV2を使用して計算


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。