火球日記

日々の火球パトロールのようす。隕石情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2013年7月28日2時50分46秒の火球

天候の優れない夜が続いています。
一晩撮影しても雲ばかり写っています。
この夜もほとんど晴れ間のない天気でしたが、偶然火球の飛んだ方向に雲の切れ間がありました。
こんな幸運もあるからカメラだけは動かしておかないと。
長野県塩尻市のmasuzawaさんと東京の斉藤さんの自動TVに撮影されていて確認できました。
福井県上空を飛んだ7月のみずがめ群に近い火球です。

20130728-025046.jpg
2013.07.28 2h50m14sから32秒間


スポンサーサイト

PageTop

2013年7月19日20時55分33秒の火球

7月19/20日の夜にはもう1個火球が撮影されていました。
塩尻市立丘中学校科学部の皆さんが目撃されて、報告していただいていましたが、火球カメラの画像では雲もありはっきりしませんでした。
ところが、塩尻市のmasuzawaさんの自動TVに撮影されていることが分かり、ほかに新潟の自動TVにも写っていたので、軌道を求めることができました。
入笠山上空から八ヶ岳上空に向かって飛び、高度48kmで消滅したようです。対地速度が13km/秒の非常に遅い火球で、アポロタイプの軌道が求まりました。

20130719-205533.jpg
2013.07.19 20h55m06sから32秒間

この火球の軌道を、SonotaCoネットの結果からUFOOrbitV2を使用して計算しました。
B20130719_205533GMAP.jpg

B20130719_205533OMAP.jpg



PageTop

2013年7月21日02時28分33秒の火球

久しぶりにすっきりした夜空に明るい火球が写りました。
石川の2箇所の自動TVで写っていて、乗鞍岳上空を南から北へ飛んだようです。
まだ軌道に誤差がありそうで、朝日村からの画像ではやぎ群に属した火球だと思われます。
火球は画像の右下から左上に飛んだようです。

20130721-022833.jpg
2013.07.20 2h28m28sから32秒間



PageTop

2013年7月19日20時53分の発光現象?

20時50分前後に火球の目撃情報があり、画像のチェックを行っていたところ、発光現象が目にとまりました。
こと座のベガと同じくらいの明るさで、赤経17h40m、赤緯+48°くらい。竜の頭の南側です。
拡大してみても点像で伸びは見られません。
岡山理科大のTENGENモニターには写っていませんでしたので、新星などの爆発現象ではないようです。
となると停止流星なのだろうか。人工衛星で該当するものは探し出せませんでした。

20130719-2053.jpg
2013.07.19 20h52m54sから32秒間(左側) 20h53m28sから32秒間(右側)



PageTop

2013年7月19/20日の火球

大変御無沙汰になっていました。
今年の梅雨は例年より早く明けましたが、その後晴れ間がどこかに行ってしまって、まったく撮影ができませんでした。
ようやく晴れてみると、いくつかの火球が撮影できました。
雲間に飛んだり、薄明にかかったりで、見栄えの良いものではありませんが、久しぶりと言うことで御勘弁ください。

★2013年7月19日21時29分06秒
群馬県南部上空を飛んだ低速の火球でした。
最後に爆発したようですが、雲の中ではっきりしません。
SonotaCoネットでは石川と新潟から撮影されており、-4等くらいの明るさがあったようです。

20130719-212906.jpg
2013.07.19 21h28m34sから32秒間

★2013年7月20日03時59分10秒
岐阜県北部上空を飛んだ高速の火球でした。
すでに薄明るくなった空を飛んだので、見栄えは良くありません。
SonotaCoネットでは石川と岡山から撮影されており、こちらも-4等くらいの明るさがあったようです。

20130720-035910.jpg
2013.07.20 03h58m50sから32秒間




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。