火球日記

日々の火球パトロールのようす。隕石情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2012年4月23日 22時43分47秒の火球

雲間に火球が写っていました。
長野県のmasuzawaさんと石川県のYamakawaさんの自動TVに撮影されていて、確認できました。
埼玉県上空をほぼ垂直に飛び込んできた低速の火球だったようです。

20120423-224347.jpg
2012.04.23 22h43m22sから32秒間


スポンサーサイト

PageTop

2012年4月9日 国際宇宙ステーションISSとIridium

2回目の国際宇宙ステーションISSです。
今回も通過に気づかず翌日に確認しました。
南西の山から出現し、天頂近く、火星の南側で地球の影に入ったようです。
金星くらいの明るさで、2分くらい見えていました。
このくらいの火球が写るとすごいのですが・・・。

20120409-1950ISS.jpg
2012.04.09 19h47mから32秒露出5コマ合成

街灯が明るくうっとうしいのが残念

【追加情報】
その後、ISSが現れた5分後にイリジウム衛星(Iridium23)のフレアも撮影されていることがわかりました。
短時間に大規模衛星が2機通過したようです。

20120409-1952Iridium.jpg
2012.04.09 19h51m40sから32秒間

【追加情報2】2012/4/18
この記事について、「イリジウム衛星を大規模衛星と呼んでいいのだろうか?」との疑問をkawakamiさんからいただき、いろいろ調べてもらいました。
イリジウム衛星についての詳しい記事の翻訳ページはこちらです。
その結果、イリジウム衛星は、「ドアサイズ」アンテナ3個(ときには2つのソーラーパネルも)によってフレアが起こるとのことでした。
ISSが100m規模であるのと比較して、とても大規模衛星とはいえませんので訂正しお詫びしたいと思います。
光を反射しやすい衛星で、低高度を回っているために明るく輝くようです。
kawakamiさんありがとうございました。


PageTop

2012年4月7日 23時02分頃の火球

満月過ぎの明るい空の中目撃されています。
目撃情報からは房総半島沖の太平洋を、南西から北東方向に飛んだと思われます。
長野県朝日村からは南東方向の低空に写っていました。
飛行した高度はかなり高かったようです。

20120407-2302.jpg
2012.04.07 23h01m40sから32秒間



PageTop

2012年4月1日 19時57分10秒の火球

JN火球掲示板に1件だけ目撃情報があったものですが、時間帯が早かったにもかかわれず、Twitterを含めて他に目撃情報はなく、あまり明るいものではないと思っていました。
画像を確認すると、-4等程度の比較的明るい状態で写っていました。
SonotaCoネット東京1の自動TVに撮影されていましたが、自動判定では-1.1等であまり明るい結果ではありませんでした。しかし、2.2秒の継続時間で、遅かったことが明るく写った原因のようです。
今のところ同時観測はありませんが、能登半島付近を飛んだものと思います。
画面の右側の輝星が北極星。

20120401-195710.jpg
2012.04.01 19h56m42sから32秒間




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。