火球日記

日々の火球パトロールのようす。隕石情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2012年2月21日02時01分58秒の準火球

天気が良ければ写るものです。
それほど明るいものではありませんでしたが、松本盆地北部上空に出現したようできれいに写りました。
おおぐま座とこぐま座の真ん中です。
今のところSonotaCoネットの東京と新潟の自動TVに撮影されており、消滅高度が30kmほどで思いのほか低空まで光っていたようです。

20120221-022158.jpg
2012.02.21 2h01m42sから32秒間

【追加情報】
その後SonotaCoネットでは石川県と東京6の自動TVでも撮影されており、4箇所からの軌道計算では、消滅点高度は55km程度になり、常識的な高度に収束しました。



スポンサーサイト

PageTop

2012年2月20日20時25分39秒の火球

明るい火球が飛んだという情報が入ったので、撮影を中断して画像を確認したところ、朝日村の真北、山に没する火球像を確認しました。
残念ながら増光箇所は撮影されませんでしたが、その瞬間空が明るくなったのが写っていました。
真北の低空ですから日本海上空だと思われます。

20120220-2025.jpg
2012.02.20 20h25m18sから32秒間


【追加情報】
この火球をSonotaCoネットの新潟と香川の自動TVが捉えていました。
佐渡島西方の日本海に向かって急角度で飛び込んだようですが、隕石になった可能性は低いようです。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。