火球日記

日々の火球パトロールのようす。隕石情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

2011年9月30日 04時53分15秒 低速長経路火球

明るくなりかけた空を飛んだようです。

一般からの多くの目撃情報と、東京の自動TVで撮影されています。

長野県朝日村の火球カメラでも、雲間に撮影されており、柿の木のこずえに消えました。

大物かもしれません。詳細がわかり次第情報を流します。

20110930-045315.jpg
2011.09.30 04h53m00sから32秒間


【追加情報】2011.10.22

この火球の経路を日本流星研究会の上田昌良さん、司馬康生さんは以下のように求めました。

火球経路

それによると、小名浜沖150kmの太平洋上空に出現し、日本列島を横断して佐渡沖40kmの日本海まで、全長435kmの超長経路火球であることがわかりました。

詳しくはこちらをご覧ください。動画もあります。

この火球は六分儀群に近い軌道を持つもので、隕石の落下はなかったと思われます。




スポンサーサイト

PageTop

2011年9月28日 21時15分25秒の火球

日本火球ネットワーク(JN)の掲示板には、一般の方から多くの目撃情報が寄せられていますが、最近は重複する情報が少なく、明るい火球が飛んでいないことが伺えます。

話題の人工衛星UARSの落下も日本では見られませんでした。

そんな中、長野県の火球カメラで火球の落下が捕らえられました。

岐阜県北西部を南に向かって飛んだもので、関東、北陸、四国の6箇所の自動TVで撮影されています。

軌道はSonotaCoネットのデータを使い、UFOOrbitV2を使用して計算を行いました。

20110928-211525.jpg
2011.09.28 21h15m04sから32秒間
B20110928_211525GMAP.jpg



PageTop

2011年9月24日 22時56分58秒の火球

ここ数日、一般の方からの火球の目撃情報が多く上がっていますが、自動TVでの確認観測ができていません。

そんな中、目撃情報はありませんが、長野県朝日村の火球カメラに明るい火球が撮影されていました。

SonotaCoネットのTVカメラにも、石川県と新潟県の今のところ3箇所から撮影されています。

UFOOrbitV2を使用してSonotaCoネットのデータから求められた軌道では、長野県佐久市上空を北西方向に飛んだ低速の火球でした。

こちらからは比較的近かったので明るく写りましたが、隕石の落下はないようです。

SonotaCoネットのみなさんに感謝です。

20110924-225658.jpg
2011.09.24 22h56m28sから32秒間

B20110924_225658GMAP.jpg



PageTop

2011年9月16日 0時13分20秒の火球

久々に明るい火球です。-6等級でしょうか。

SonotaCoネットのTVカメラにも、金沢と上越の今のところ2箇所から撮影されています。

松本市上空から浅間山上空に向けて飛んでいるようです。

20110916-001320.jpg
2011.09.16 0h13m12sから32秒間

詳しくは後ほど。

【追記】

天候が不安定だったようで、結局石川県の2箇所と新潟県の計3箇所からの撮影でした。

UFOOrbitV2を使用してSonotaCoネットのデータから求められた軌道を以下に示します。

SonotaCoネットのみなさんに感謝です。

B20110916_001320GMAP.jpg
火球の経路






PageTop

2011年9月9日 2時43分39秒の火球

あまり明るいものではなかったのですが、写っていたのでご紹介します。

画面上では-3等くらいでしょう。

SonotaCoネットの自動TVでは今のところ5箇所から撮影されており、散在流星の判定です。

UFOOrbitV2を使用してSonotaCoネットのデータから求められた軌道では、北アルプス上空を東から西に飛んだようです。

速度が毎秒65kmと非常に速い火球でした。

それで写りが悪かったのだろう。

20110909-024339.jpg
2011.09.09 2h43m12sから32秒間 背景はカシオペア座

B20110909_024339GMAP.jpg
火球の経路


PageTop

2011年8月30日20時30分24秒の火球

天候不順な日が続いています。

撮影した晩でも、雲ばかりが写っています。

その中で、明るい火球が撮影されていました。

新潟、石川、塩尻の自動TVで撮影されており、軌道が計算できました。(UFOOrbitV2使用)

神奈川県鎌倉上空から南アルプス甲斐駒ケ岳上空にむけて飛んだようです。

継続時間が4秒以上であったことから期待しましたが、消滅点の高度は65kmほどで、隕石落下はないようです。

20110830-203024.jpg
2011.08.30 20h30m12sから32秒間

目撃情報はどこからも上がっていません。

天気が悪かったのでしょう。撮影できてラッキーでした。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。