火球日記

日々の火球パトロールのようす。隕石情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ペルーの隕石落下??

天候不順で撮影もできず、明るい火球の情報も余りありません。

というわけで、

ペルー上空に隕石落下か!

といったような動画があります。

ペルー隕石
動画へ

まあ見てもらうとわかりますが、結論としては双発のジェット機でしょうね。

写真ではよく問い合わせがありますが、動画でここまでしっかり撮影されているのは珍しいので、紹介させてもらいました。


スポンサーサイト

PageTop

2011年8月13日22時23分09秒の大火球

石川県かほく市の自動TVに-9.1等として撮影されていました。

確認したところ、同時刻の雲間に見事な大火球が撮影されていました。

星はまったく写っていません。月も雲に隠れています。

20110813-222309.jpg
2011.08.13 22h23m09sから32秒間


【追記】

SonotaCoネットでは石川県と東京から撮影されており、長野市上空を北東から南西に飛んでいます。
速度は40km/sとやや速く、高空で燃え尽きたようです。


PageTop

2011年8月14日2時51分47秒の火球

満月の猛烈な光芒の中、火球と思われる光跡を確認しました。

今のところSonotaCoネットの自動カメラでは確認されていませんので、人工衛星の可能性がありますが、明滅を繰り返す様子は火球と思われます。

火球は南アルプス上空を東に向かって飛んだと推定されます。

20110814-0251-1.jpg
2011.08.14 02h51m16sから32秒間

20110814-0251-2.jpg
部分拡大

【追記】

SonotaCoネットの自動TVで石川県かほく市と東京から撮影されていました。
静岡市北部を東に飛んでいますが、消滅点がやや高く隕石にはならないと思います。

PageTop

2011年8月12日早朝のペルセウス群火球2個

11/12の深夜から早朝にかけては晴れ間が広がり、ペルセウス座流星群の火球が写りました。

そのうちの明るい2個をアップします。

最初は3時38分25秒出現で、-3等くらい。長野県木曽谷上空を飛んだようです。

2個目は4時14分31秒出現で、薄明が始まった北アルプス上空を飛びました。

いずれもSonotaCoネットの自動TVで撮影されていて、軌道が求まっています。

20110812-033825.jpg
2011.08.12 03h38m06sから32秒間

画面下の明るい星は木星。背景はペガサス座付近

20110812-041431.jpg
2011.08.12 04h14m20sから32秒間

背景はカシオペア座


PageTop

2011年8月10日1時56分04秒のペルセウス群火球

昨夜も明るいペルセウス群の火球が写っていました。

長野県大町市上空を飛んだと思われます。

能登半島と東京の自動TVに写っていました。

前夜よりやや明るく、-4等くらいの明るさでした。

20110810-015604.jpg
2011.08.10 01h55m38sから32秒間

背景はカシオペア座



PageTop

2011年8月9日2時33分19秒のペルセウス群火球

久しぶりの火球です。

天候不順で、周辺で飛んでいる情報があっても、こちらでは撮影できないことが多く、消化不良が続いていました。

ペルセウス座流星群が順調に数を増やし、SonotaCoネットの自動TVでは1夜に10個以上の火球が撮影されています。

この火球は長野県安曇野市上空と飛んだもので、こちらの火球カメラでは-3等くらいの明るさですが、自動TVでは-4等以上の明るさが報告されています。

対地速度が60km/secにもなるペルセウス群は、カメラでは写りにくくなります。

20110809-023319.jpg
2011.08.09 02h32m56sから32秒間

中央火球の左下はカシオペア座。


PageTop

天気が悪くて

8月になってしまいましたが、7月後半から天気が悪く、7月27日以降撮影することができません。

毎日必ず雨が降ります。カメラが出せません。

そろそろカラッと晴れてほしいものです。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。