火球日記

日々の火球パトロールのようす。隕石情報など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

入梅で

雨が降り続いて、5月26日から撮影できてません。

それでも毎日15名ほどの方がのぞきに来てくれてます。

感謝ですね。

5月6日以降火球クラスは写っていません。

こんな雨空の中、明るいのが飛んでるんじゃないかな。

早く梅雨の止み間がこないかな。

スポンサーサイト

PageTop

5月19日22h02m 何だろう?

昨夜寝る前に空を何気なく見上げたところ、ほぼ天頂付近で明るい星が見えました。

-2等くらいもあるその星はその場でスーと消えていきました。

見えていた時間は2秒くらい、移動したようには感じませんでしたが、見間違いではなかったようです。

画像ではかんむり座の南側に光点が写っており、北西-南東方向に若干延びていることがわかります。

つまり、視線方向にまっすぐ突っ込んできた流星(停止流星)を見たのだと思います。

40年間流星を見てきましたが、これだけ明るい停止流星は記憶にありません。

20110519-2202.jpg
2011.05.19 22h01m58sから32秒間

画面左側にかんむり座、中央上の明るい星はアークトゥルス


【追加情報】

その後、SonotaCoネットの自動TVの結果を注意していたのですが、この現象と思われるものは撮影されませんでした。

結果として、これは人工衛星(イリジウム?)が瞬間的に光ったと考えることがよさそうです。

やはり、停止流星にはなかなか出会えません。


PageTop

再開

新しいカメラが届いたのでさっそく再開しました。

ほぼ満月でもやがあったので、昼間のような画面ですが、CCDは良さそう。

休止期間に大火球が飛んでなくてよかった。

4月30日にはポーランドで隕石が落下していますが、そろそろ日本でもと期待しています。

20110517.jpg

PageTop

カメラの故障

5月9日の朝、カメラの画像を確認したところ、途中で撮影が終了していました。

タイマーの設定を間違えたのだと思い、そのときは深く考えませんでした。

その後天候不順で、雨の日が続き、ようやく晴れ上がった13日にカメラをセットし、夜半に動いているか確認したところ、沈黙していることで故障に気がつきました。

昨年の12月上旬から5ヶ月間、1夜平均12時間、1400枚、トータル15万枚の耐久性能試験でした。

しかし、中古とはいえ、チョッと故障には早すぎませんか、キャノンさん。

半年保障に入っていたので、修理に出しましたが、さっそくもう1台の中古も発注しました。

今度は24,800円、まえのより少し安く手配できました。

PageTop

5月6日 3h40m15sの水がめ群の火球

5月の水がめ群の極大日だったので期待してましたが、昨夜何とか1個写ってました。

今年はこれまでにやや暗い流星がいくつか写ってましたが、紹介できるほどのものではなく、ようやく見栄えのするものでした。

考えてみると、10年以上前には5月の水がめ群は写っているだけでニュースになるほどだったのに、最近では普通に1晩に何個か軌道が計算されるようになってます。

隔世の感があります。

20110506-034015.jpg
2011.05.06 03h39m48sから32秒間

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。